〒720-0802
広島県福山市松浜町
3丁目4番21号2F

TEL:084-927-5100
FAX:084-927-5101

経営革新等支援機関 おおたち会計

TEL.0849275100

企業の知恵袋idea

人間の幸せサイズで会社を設計しよう-企業の知恵袋

税理士・社労士

数値ビジョン実現パートナーの

大立稔(おおたち みのる)です

 

 

会社の数字は

人がつくるもの

 

普通の社員が

天才の仕事をする仕組み

その構築が大事です

 

数値ビジョン実現パートナーが

社長様と一緒に

その仕組みをつくります

 

 

 

最近入社した

新人君の背の高さは

183cmです

 

 

 

私の

背の高さは

164cm

 

 

 

何と

19cmの違いです

 

 

 

足は長い

 

 

 

高校時代に

野球部のキャプテンを

していたとのこと

 

 

 

その野球部は

甲子園に

出場したそうです

 

 

 

ともあれ

日本人の背は急激に

伸びていると感じています

 

 

 

そこで気になったのが

家の天井の高さって

どれくらいなのだろうか?

 

 

 

ネットで調べました

 

 

 

建築基準法では

居室の天井高は210cm以上

と決められています

 

 

 

これでは、

新人君の天井までの空間は

わずか27cmです

 

 

 

半端ない

圧迫感が

あるだろうと予想します

 

 

 

つぎに

現在の平均の天井高を

調べました

 

 

 

240cm~250cmとありました

 

 

 

あくまでネット調べですので

皆さんも調べてみてください

 

 

 

 

ちなみに

古い家の鴨居の高さは

1m76cmだそうです

 

 

 

新人君は

頭をぶつけるというよりは

顔面をぶつけるでしょう

 

 

 

家の設計は

人間のサイズに合わせて

変化していきます

 

 

 

家は人間が

明日への活力をつくる場所

 

 

 

リラックス

くつろぎ

家庭の団欒の場所

 

 

 

だから

人間が生活しやすい

寸法でつくられます

 

 

 

これは

会社をつくる

大きなヒントになるか?

 

 

 

会社は

人間の幸せ寸法に合わせて

組み立てると良いのでは?

 

 

 

社員は

会社の付加価値から

給料が支払われます

 

 

 

その給料の中から

家族の食費・娯楽・勉強代

を支払います

 

 

 

子供が出来たら

綺麗な家に住まわせたい

大学にも行かせてやりたい

 

 

 

子どもが大きくなっても

結婚費用

その他の援助をしてやりたい

 

 

 

社員は給料から税金・社会保険を

天引きされた残りの手取り額から

資金を捻出します

 

 

 

定年後

年金支給があるまで

収入はありません

 

 

 

支給された年金も

わずかです

 

 

 

物価が上がれば

とてもやっていけません

 

 

 

社員は給料の手取り額で

生計を立てています

 

 

 

決して

法外な金額ではありません

 

 

 

ある

大手の会計事務所を

辞めた人から聞いた話です

 

 

 

給与明細もわざわざ見せて

くれました

 

税務歴25年のベテランの正社員です

 

総支給額170,000円

手取り額140,000円

 

 

人間豊かな生活をしたいものです

 

 

 

しかし

ない袖はふれないのでしょう

 

 

 

大きくなれば

生産性が下がるのかもしれません

 

 

 

ちなみに

会社の人件費が

付加価値額の50%を超えると

 

 

 

倒産に向かうという説があります

 

 

 

付加価値額の50%の範囲で

1人当たりの給与を高くする

設計が必要です

 

 

 

これが

会社組立基準法に

なるかも知れませんね

 

 

 

直接稼ぐ人が1

間接人材が0.5人であれば

 

 

 

1人500万円とすると

500万円×1.5=750万円が

幸せ人件費とすると

 

 

 

付加価値は

750万円の倍の金額

1,500万円と設計することに

 

 

 

1人の人間が

豊に生活できるサイズから

会社を組み立てる方法です

 

 

 

これは物価の変動により変化します

だから常に世の中の変化に敏感に

なることができます

 

 

 

社員の子供が

とーちゃん大学に行かせてくれと

言ったときに

 

 

 

うちの会社じゃ

無理なんだよと言わせたくない

ですよね

 

 

 

普通の社員が天才の仕事をする仕組みと

本人の伸びようとする力

会社の育てる力が幸せのカギですね

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。

ARCHIVE