〒720-0802
広島県福山市松浜町
3丁目4番21号2F

TEL:084-927-5100
FAX:084-927-5101

経営革新等支援機関 おおたち会計

TEL.0849275100

企業の知恵袋idea

いかに人は自分に都合よく考えるか?-企業の知恵袋

税理士・社労士

数値ビジョン実現パートナーの

大立稔(おおたち みのる)です

 

 

会社の数字は

人がつくるもの

 

普通の社員が

天才の仕事をする仕組み

その構築が大事です

 

数値ビジョン実現パートナーが

社長様と一緒に

その仕組みをつくります

 

 

ロシアの

ウクライナ侵攻の話です

 

 

 

相手の立場で考えることの

重要性を痛感します

 

 

 

なぜ、ロシアは侵攻したのか

いや、なぜプーチン大統領は

ウクライナに侵攻したのか

 

 

 

私には詳細情報はありません

知っていたとしても

それが事実かは判明しません

 

 

 

でも

想像するのは私の勝手です

 

 

 

実は

この戦争で思い出すのは

ある人物です

 

 

 

ロシア帝国時代の文豪

ドストエフスキーです

 

 

 

作品で「罪と罰」を

大学時代に読みました

 

 

 

なぜか?

 

 

ある日友達からここ1週間気分が

落ち込んでいるとの話を聞きました

 

 

 

その理由を聞いてみると

「罪と罰」を読んだら

気分が重苦しいと言うのです

 

 

 

私は

「へぇー、どれくらい」

と聞きました

 

 

 

友達は

「ベッドから起き上がれない

くらい、力がでんのよ」

 

 

 

私は

恐いもの見たさで

早速本を買って読みました

 

 

 

確かに

社会の底から這いあがれない

どんより感を感じました

 

 

読んでいない方が

いらっしゃるかもしれないので

 

 

 

記憶の範囲でお話します

 

 

 

主人公の名は

ラスコーリニコフ

 

 

 

彼は窮乏の生活の中で

金貸しの老婆を殺して

金を奪います

 

 

 

彼の言い分は

ナポレオンは

何十万人の人間を殺した

 

 

 

そして英雄になった

 

 

 

1人を殺すと人殺し

と言われる

 

 

 

しかし老婆から奪ったお金で

多くの人を救えば

 

 

 

それは英雄だ

 

 

 

そんな話だったと思いますが

後は実際に読んでみてくださいね

 

 

 

ロシア文明の底には

そんな精神性が流れて

いるのかな?

 

 

 

ウクライナ侵攻と

重ね合わせると

 

 

 

かたや

ウクライナ市民の虐殺

 

 

 

かたや

親ロシア派市民の解放

 

 

 

事実は表と裏

上下・斜めから見方によって

全く別物に見えます

 

 

 

えっ

ちょっと待った

 

 

 

日本には

そのような事例がないか?

 

 

 

あった戦争に

常にあるご都合主義です

 

 

 

最近の大河ドラマの

鎌倉殿の13人

が放映されています

 

 

 

天皇の一言が正義になります

 

 

 

逆賊になれば成敗されます

 

 

 

日本を救うために

日本を変えることを

志した吉田松陰

 

 

 

もし、倒幕に失敗したら

単なるテロリスト

 

 

 

しかしそのお陰で

日本は明治を迎え列強国の

仲間入りをします

 

 

 

敗れた幕府方の

渋沢栄一は

合本主義で日本を繁栄させます

 

 

 

要は

人間万事塞翁が馬ですね

 

 

 

どちらにしても恨み返しではなく

 

 

 

より高い志が自分の人生を

切り拓くのではないでしょうか

 

 

 

間違いを

正当化すれば

争いは終わりません

 

 

 

 

自分の言い分を通すことからでなく

相手を理解しそして自分を理解してもらう

 

 

 

そこから始めましょう

 

 

 

でも日本国の自衛の準備は

必要ではないかと思います

 

 

 

矛盾するところが

あるかもしれません

 

だって、人間なんだもん

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます

ARCHIVE